遺伝と身長は関係するのか?

身長が低いと悩んでいる人の多くは、親や家族、親せき一同も背が低いからこそ、自分もこの先伸びないだろうと嘆いているわけです。

つまり、遺伝的要素が、背の高さには強く出ると言うことになります。
では、本当に遺伝と身長の高さは関係があるのでしょうか?
成長期はまさに、すくすくと背が伸びている時期であり、この時期が、遺伝的要素だけで背の高さが決定されるのであれば、何もする必要がありません。
しかし、背を伸ばす為に、牛乳を飲んだり、タンパク質を摂取したりすることで、結果背が高くなったと言うデータも多いのです。
勿論、遺伝的要素も否めないわけで、影響は、25%程度で、両親が高身長ならば、子供も高身長、と言うのはよく聞かれる話ですし、逆に、親が高身長なのに、子供が小さい、両親は低身長なのに、子供は高身長と言った場合もありますので、遺伝だからと諦める必要はないのです。
身長の伸びには、栄養バランスや睡眠バランス、運動バランス等色々な条件が揃って確率も高まってくるので、背を伸ばしたいのであれば、生活習慣を見直す必要があるのです。
遺伝的な問題から自分の身長を予測すると言う式もあり、例えば、男児の予測身長=父の身長+(母の身長+13))÷2で計算されます。
又、女児の場合、女児の予測身長 =((母の身長−13)+父の身長)÷2となるのです。
父親が170cmで母親が158cmであれば、男子は(170+(158+13))÷2=170.5cmとなり、女子は((158−13)+170)÷2=157.5cmと予測出来ます。
栄養の面では、普段の食事からが基本ですが、それでも補いきれない場合、サプリメントで摂取すると言うのも一つの方法ですから、子供が不摂生な生活をしているのであれば、きちんと指摘をして、改善出来るようにしましょう。

寝る子は育つは本当か?

よくことわざ等で、「寝る子は育つ」と言いますが、それは本当なのでしょうか?

子供はよく遊び、よく寝る、これが成長のポイントと言われています。
よく遊びと言うのは、適度な運動をすることになるので、筋肉や骨を使うことでより成長に繋がるのですが、寝ると言うことが、なぜ成長に繋がるのか?
実は人間の人生の中で、1/3は睡眠だと言うことをご存じでしょうか?
寿命が80歳だとすれば、およそ27年も寝ていることになるわけです。
眠ると言う行為は、大脳を休ませる為であり、知的活動を司っている中枢である大脳は、長時間働くことによって、弱くなってしまうのです。
その為、ずっと昼間働いている状態を休ませてあげる、睡眠を取る理由は、大脳を休ませてあげることでもあるわけです。
しっかりとした睡眠をとることは、それだけ脳がしっかりと休んでいる証拠、朝目覚めた瞬間から、活発的に動くことが出来ると言うことです。
つまり、大脳の役割である、体を動かす指令、成長ホルモンを分泌させる指令、正常な脳であれば、正常な指令を与えることが出来ると言うわけです。
勿論、成長ホルモンを上げるには、カルシウム等の成分を食事から摂り入れることも大事なのですが、脳の指令自体も活性化させること、これこそが、成長を促す画期的な方法と言えるのです。
だからこそ、寝る子は育つと言う、昔の人のことわざは為になりますね。
最近は、夜更かしをする子供が増えており、こういった悪循環な生活環境が、成長ホルモン分泌を阻害し、低身長を引き起こす要因となっているので、しっかりとした睡眠を取るように、心がけてください。

成長期に背を伸ばす為に確認すべきこと

成長期は、その名の通り、ぐんぐん大きくなってくると言うこと、成長すると言うことは、まず背が伸びると言うことです。

背を伸ばすには、骨を伸ばすこと等が挙げられ、骨には、骨端線と呼ばれる所が存在します。
これは、骨の端にある軟骨で、軟骨から骨に変わってくる境目的な部分になります。
子供の頃は多く見られ、大人になると、骨端線は無くなり、骨の成長が止まるので、あまり背が伸びなくなります。
つまり、成長期にこの骨端線を増やすことが、背を伸ばす画期的な方法と言えるのです。
成長期と言うと、最も盛んな12〜14才ぐらいを指しますが、医学的には、この骨端線が残っている時期までが、成長期と呼ばれています。
大体男性であれば、18才まで、女性ならば、16才までで、中には、男性は22歳、女性は22歳まで残っている場合もあります。
自分の骨端線が残っているのかどうかについては、病院でレントゲンを撮ってもらうことで、すぐに分かります。
診察の際に、「骨端線を確認したい」と言えば、早い対応をしてくれるでしょう。
そして、検査によって骨端線が無かったら、残念なことに、もう背が伸びる可能性が低いです、とは言っても諦めてはいけません。
その他にも方法はあるのです。
足の形を治したり、姿勢を良くしたり、成長ホルモンを促進させる栄養を多く摂取したり、適度な運動をしたりと、可能性は十分にあるのです。
なので、諦めないで、まずは骨端線の確認をし、生活習慣を改善させるように、心がけてください。

成長期のダイエットが身長に影響するのか?

成長期は、身長がぐんぐん伸びる時期なので、背を伸ばす為の適度な運動や食事からの栄養は欠かせません。

又、普段の生活習慣の改善も、身長を伸ばす上で、大事な要素なので、夜更かしをしていたり、好き嫌いが激しかったり、運動嫌いだったりするような子どもであれば、親としては、注意し、改善させることが、成長へと繋がってくるのです。
成長期と言うのは、一般的に、12〜14才ぐらいが最も加速しており、それから徐々に低下していきます。
その為、この時期に過度のダイエットをしてしまうとどうなるのか?
ダイエットは栄養不足になっている状態が多いので、どうしても成長に必要な栄養素が不足してしまいます。
その為、身長の伸びにも影響してしまうのです。
親としては、過度のダイエットをしている子どもに対して、「止めなさい」と言うことは出来ても、当の本人は、思春期まっただ中で、好きな人に振り向いてほしいとか、あの子よりも綺麗になりたい等の理由で、頑なに食事制限をしているわけです。
親の意見なんて、聞くことも少ないでしょう。
ダイエットと言っても、様々な方法があり、過度の食事制限は、確実に成長に影響が出るので止めるべきです。
他にも運動や生活習慣の改善も、体重を減らす上で、大切な要素となっています。
元々若いので、基礎代謝が高い為、ちょっとした運動でも、すぐに脂肪燃焼に繋がるでしょう。
勿論、身長を伸ばすジャンプ系の運動を中心に行っていく必要がありますが、偏った食事は間違っていると、親としてはしっかりと伝えることが大事です。
どうしてもダイエットしたいと言う意志が固いのであれば、お母さんも一緒に毎日有酸素運動をしてみてはどうでしょうか?
親子で運動と言うのも、初めは気恥ずかしい気がしますが、慣れてくると、毎日の日課になって、意外と楽しいものですよ。
成長期は、過度の食事制限は控えて、まずは生活習慣の改善から始めてみましょう。


よく読まれているページ


Copyright(c)2016 成長期に最大限に身長を伸ばすためにやるべきこと All rights reserved.